よりよい未来の話をしよう

マンスプレイニングとは?概要や防止策を解説

自分が知っているトピックについて長々と解説をされ、鬱陶しい(うっとうしい)思いをしたことがある人はいないだろうか?特に、男性が女性に対して上から目線で何かを解説したり知識をひけらかしたりする行為は「マンスプレイニング」と呼ばれている。
今回はこのマンスプレイニングの概要と防止策をお伝えする。

(前提として、本記事は性差による対立を煽ることを目的としていない。むしろ、ジェンダー平等が叫ばれる現代社会において、マンスプレイニングという概念について知ることが健全なコミュニケーション促進の一助となるという考えのもとで執筆されている)

 

【目次】

マンスプレイニングとは?


マンスプレイニングとは、その話題について十分な知識を持っていると合理的に推測される女性に、男性が特定のトピックを説明することだ。(※1)あるいは、男性が女性に対して女性は男性よりも無知であるという意識のもと、「こんなことも知らないのか」と知識をひけらかすような態度が特徴的だ。

語源は諸説あるものの、man(男)とexplain(説明する)をかけ合わせた造語として誕生した。この言葉を一躍有名にしたきっかけは、アメリカ人作家のレベッカ・ソルニットが2008年に発表した “Men Explain Things to Me”(日本語訳版『説教したがる男たち』ハーン小路恭子訳、左右社、2018年)というエッセイだとされている。(※2)

2010年には同じ概念を指す "mansplainer"(マンスプレイナー)が "The New York Times "の “The Words of the Year” (いわゆるその年の流行語大賞)の1つとしてノミネートされた。(※3)

このように、海外では10年近く前から知られる概念であるマンスプレイニング。近年では日本でもジェンダー平等への意識の高まりを受け、徐々に浸透しつつある言葉の1つだ。

※1 参考:In These Times "Mansplaining, Explained"
https://inthesetimes.com/article/rebecca-solnit-explains-mansplaining

※2 参考:Los Angeles Times "Men who explain things" http://articles.latimes.com/2008/apr/13/opinion/op-solnit13
※3 参考:The New York Times "The Words of the Year"
https://www.nytimes.com/2010/12/19/weekinreview/19sifton.html?_r=0


マンスプレイニングの具体的な例

マンスプレイニングの具体例は多岐に及ぶ。まず、前章で挙げたアメリカ人作家のレベッカ・ソルニットが実際に体験したマンスプレイニングの例を紹介する。

ソルニットは、エドワード・マイブリッジというイギリス出身の写真家に関する本の著者だ。彼女がとあるパーティーに出席した際、ある男性にマンスプレイニングを受けたとエッセイの中で告白している。(※4)
その男性は、ソルニットがエドワード・マイブリッジの話題を出した途端、それに関する本を読むべきだと話し始めた。しかも、ソルニットが読むように勧められた本は、実は彼女自身が書いた本だったのだ。ソルニットがマイブリッジに関する本を出版したと言った後も、男性は彼女がマイブリッジに関する本を出版したと認めず「マンスプレイニング」を続けたという。

ここまで極端な例でなくても、現実で似たような話を耳にすることがある。たとえば、趣味の繋がりで出会った女性に男性が意気揚々と自分の知識や学識を語り続ける。あるいは、ネット上でとある分野に精通している女性の研究者に、男性が知識上のマウントを取るような返信をするなど...。残念なことに、マンスプレイニングは現実社会だけではなくネット社会でも散見される。

※4参考:TomDispatch "Men Explain Things to Me" 
http://articles.latimes.com/2008/apr/13/opinion/op-solnit13

マンスプレイニングをする人の特徴とその心理

マンスプレイニングをする人には、共通して、聞いてもいないのに教えようとする、自慢が多い、という特徴が見受けられる。この根底にあるのはミソジニーだ。性差に基づく女性への差別を示し、「性に基づく社会的役割の固定観念を助長する行動、条件、態度」を指す。ミソジニーは女性蔑視とも訳され、「女性は男性よりも知識がない」という無意識の心理から発生する。
たとえば、かつては「男らしい」という言葉を賞賛として、「女々しい」という言葉を相手への侮蔑として用いることがあった。この対比の裏には「男性の方が優れている」という男性優位の考え方が働いているといえる。
このように「男性は女性よりも優れている」という固定観念を持った男性は、自分よりも優れている女性がいた場合、劣等感から女性に対する憎しみを抱くことがある。そして、これがときにマンスプレイニングとして表出する場合がある。

 

マンスプレイニングが問題視される理由

「教えてあげること」の何が悪いのかと思う方も中にはいるかもしれない。たしかに知らない知識を教えることで相手の成長につながるケースもあるため、その行為自体が一概に悪いとはいえない。
しかし、マンスプレイニングの問題点は「一方通行」かつ「ジェンダー格差を助長する危険性をはらんでいる」点だ。

まず、「一方通行である」という点について。
人に対して何かを説明したり解説したりするときに、知らないだろうと勝手に決めつけて知識を押し付けるのは、相手に失礼な言動であり不快感を与える。本来、「教える」「教えられる」関係としての理想像は、一方が持っていなかった知識を他方が補完することであり、そこには相互のコミュニケーションが不可欠だ。相手の知識量や習熟度を確認することなく、一方的に知識を披露するコミュニケーションスタイルは健全とは言い難い。

次に、「ジェンダー格差を助長する危険性をはらんでいる」という点について。
前章でも述べた通り、性別、年齢、その他表層的な属性に基づく偏見から知識がないと決めつけて発言することは相手に不快感を与える行為であり、ハラスメントの一種といえる。何よりマンスプレイニングが常態化すると、女性よりも男性の方が発言数が増えることになり、女性の発言権が軽視されたり、女性が男性に発言権を譲るという状態が生まれる。これは男性の方が評価される機会が増え、女性が評価される機会が奪われることを意味するため、ジェンダー格差が増大するという問題につながる。


マンスプレイニングを防止するには


マンスプレイニングをしないために、男性側は相手への配慮を持つ必要がある。
ときに自分は親切心で話しているつもりでも、相手側が不快感を抱いていることに気が付かず一方的に自慢話を続けてしまう場合もある。しかし、「相手のためを思って」という言葉にコーティングされた“自分語り”はマンスプレイニングであり、立派なハラスメント行為になりうることを理解する必要がある。
教えて「あげる」は押し付けがましいが、相手が本当に知らない、かつ知りたいと思っている内容を知識として共有することは悪いことではない。女性側が話せるように質問を投げかける、相手がどれほど知識を持っているか確認した上で話す、といった配慮が必要だ。

まとめ

マンスプレイニングを防止するには、自分の行為を相手がどう思うか、自省することが必要だ。そして、「受け手への配慮を欠いたコミュニケーション」は男性だけの問題ではない。相手への配慮を怠らないコミュニケーションのあり方については性別関係なく全ての人が考える必要があるだろう。


文:Mizuki Takeuchi
編集:篠ゆりえ

 

本記事に記載された見解は各ライターの見解であり、BIGLOBEまたはその関連会社、「あしたメディア」の見解ではありません。