よりよい未来の話をしよう

マイクロアグレッションとは?その意味や歴史的背景

2020年2月、大手ビールメーカーのハイネケンが次のようなCMを公開した。(※1)

舞台はLesley Gore  "You Don't Own Me" のカバーがBGMとして流れる店内。お酒を注文した数組の男女が代わる代わる映し出される。ある場面では、ウェイターが女性にカクテル、男性にハイネケンを差し出す。別の場面ではオーダーミスでそれが起こる。
この広告のキャッチコピーは「男だってカクテルを飲む(Men drink cocktails too.)」。「あるある」場面を描きつつ、「ビールをオーダーするのは男性で、カクテルをオーダーするのは女性」という固定観念に疑問符を突きつける。

男女で飲食店に入った際に、同じ経験をしたことのある方も多いのではないだろうか?
ここでは間違ったドリンクを渡されたどの男女も笑いながら、時に肩をすくめながら互いの飲み物を交換し乾杯しているが、現実ではそれが笑い話で済まないケースもあるだろう。例えば、「日本人だから」「男性/女性なのに」など、人種や性別に紐づいた固定観念に基づく発言や行動をとられて傷ついたことが、あるいはあなた自身がそのような言動をとってしまったことがあるかもしれない。

このように他者を必要以上にステレオタイプに落とし込む言動は「マイクロアグレッション」の可能性がある。この記事では、マイクロアグレッションの概要と防止策をお伝えする。

※1 参考:Heineken "Cheers to all"
https://youtu.be/dD6r53DWxwk

マイクロアグレッションとは?

マイクロアグレッションとは、意図的かどうかに関わらず、ステレオタイプや偏見に基づいて、マイノリティを侮辱するようなメッセージを送る発言や行動と定義されている。(※2)
たいていの場合、メッセージを発した側も気がつかないうちに、受け手が「軽視されている」「侮辱されている」と感じるようなメッセージを送っている。「マイクロアグレッション」という言葉の意味や捉え方は、時代によって変化してきた。これについては次章で説明している。
語源は、micro(極めて小さい)とaggression(攻撃性)をかけ合わせた造語であると思われる。
このマイクロアグレッションには以下のような例がある。(※2)

・人種や国籍に基づくもの

「どこで生まれたの?」、「どこから来たの?」、「日本語が上手ですね」。日本に住む外国人や外国にルーツがあるように見える人が、このように声をかけられることがある。よく見かける光景だが、実際のところその人は日本に生まれ、長く住んでいるかもしれない。このような発言は、彼らに対し「あなたは日本人ではない」というメッセージを含み、それを暗に伝えてしまうことになる。

そのほか、「ブラジル人ということは、サッカーが得意ですか?」や「アフリカ出身ということは足が速いですか?」と聞くことも、出身国による先入観に基づいたマイクロアグレッションである。

・ジェンダーに基づくもの

「女性は理系科目が苦手だ」や「女性だから家事が得意だ」と伝えることも、ジェンダーロールのステレオタイプに基づくマイクロアグレッションである。そのほか、病院で女性の医師を看護師と勘違いすることや、男性と女性のうち女性の方をアシスタントだと思い込むことは、女性の役割を限定して捉えていることの表れといえる。

・身体的特性に基づくもの

目が見えない人に対し、大声で話しかけることは、「障がいのある人は五感の他の感覚においても劣っている」という偏見に基づいたメッセージを伝えることになる。

※2 参考:金 友子(2016)「マイクロアグレッション概念の射程」(立命館大学生存学研究所 生存学研究センター報告書[24] 堀江有里・山口真紀・大谷通高編 『<抵抗>としてのフェミニズム』)
http://www.ritsumei-arsvi.org/uploads/center_reports/24/center_reports_24_08.pdf

マイクロアグレッションの歴史

マイクロアグレッションの概念が最初に提起されたのは1970年代である。
精神科医のチェスター・ピアース(Chester M Pierce)が、白人が黒人に対し無自覚に行う「けなし」をマイクロアグレッションと名付けた。(※2)

2000年代には、人種主義による人種的少数者の精神的被害の研究の中で、コロンビア大学教授のDerald Wing Sueが、有色人種に向けられたステレオタイプや偏見に基づく言動のうち、見えにくい、しかし受け手にダメージを与えるものをマイクロアグレッションとして定義した。(※3)

※3 参考:Sue, Derald Wing, et al. "Racial microaggressions in everyday life: implications for clinical practice." American psychologist 62.4 (2007): 271.
https://www.cpedv.org/sites/main/files/file-attachments/how_to_be_an_effective_ally-lessons_learned_microaggressions.pdf

マイクロアグレッションと「差別」の違い

差別主義もマイクロアグレッションも、ある集団やマイノリティの個人に対する固定観念や偏見に基づくという点で共通している。このことから、マイクロアグレッションは差別の1種であると言える。
しかし、上で述べた一般的な「差別」が意図的かつ攻撃性を持っていることが多いのに対し、マイクロアグレッションは、発言者が無意識であったり、攻撃性を持っていなかったりする場合もある。そのため、マイクロアグレッションは差別の1種ではあるものの、一般的に「差別である」と分かりづらいのだ。

マイクロアグレッションが起きる背景

マイクロアグレッションが起きる背景には、人種や性別におけるマイノリティに対する無意識の思い込みや偏見、またそれらに基づく期待などがあるだろう。(※2)また、相手に対する配慮や尊重の気持ちの欠落も根底にあると考えられる。

マイクロアグレッションが問題視される理由

先述したように、マイクロアグレッションは発言や行動をした本人に明確な悪意がないことが多いが、差別と同様に受け手にさまざまな影響を与える。肉体的・精神的被害もその1つである。
ストレスなどから病気にかかりやすくなったり、精神疾患を招くこともある。さらに、ストレス要因は認知へも影響を与える。受け手は言動の解釈や、それに反応すべきかどうか、反応した際の結果について悩み、エネルギーを費やす。これにより本来やるべき課題へのエネルギーがそがれたり、ステレオタイプを強化してしまうのではというプレッシャーから能力を発揮できなくなることもある。
行動への影響も生じうる。マイクロアグレッションに反応するという対処行動をとった場合にはストレスとなり、対処行動をとらなくても支配文化への過度の適応や状況の悪化を招く可能性がある。(※2)

マイクロアグレッションを防ぐには

これまで見てきたように、マイクロアグレッションは無意識かつ個人のバックグラウンドによって程度が異なるため、一挙に解決することは難しいように見える。マイクロアグレッションが起こっている状況を改善するにはどのようなことが必要だろうか?

まず、教育現場や企業などからマイクロアグレッションという概念の認知を促す必要があるだろう。先述したように、固定観念に基づく決めつけは差別と同じように受け手の心身を傷つける。男性は働いて女性は家庭を守る...といった、固定のジェンダー期待または社会的役割が崩れつつある昨今、社会教育としてマイクロアグレッションの存在は広く認知される必要がある。実際に、2020年代に入ってから、教育現場や企業においてマイクロアグレッションに関する研修プログラムが提供される機会が増えている。

個人としては以下のようなことができるだろう。
まず、1人1人を尊重する意識を持つことが大切だ。マイクロアグレッションの原因は、人をカテゴライズし、カテゴリーの特徴を決めつけることにある。目の前の相手を人種や性別などに基づく固定観念で判断せず、1人の人として関わることで決めつけは避けられるだろう。
また、マイクロアグレッションを受けた、もしくはある言動について「マイクロアグレッションではないか」と感じた時に声を上げることも必要だ。マイクロアグレッションは本人が気が付いていない場合も多いため、受け手や周囲が違和感を伝えることも重要だ。

まとめ

人には誰しも固定観念や偏見があり、完全にそれをなくすのは難しい。しかし、「自分が無意識のうちに相手を傷つけているかもしれない」と認識し、属性でなくひとりの人間として相手と接することでマイクロアグレッションを避けることが可能だ。
このような「相手を尊重した関わり方」は、国籍や人種、性別を超え、多様なバックグラウンドの人がともに働く時代においても必要な考え方ではないだろうか。

参考文献
・キム・ジヘ「差別はたいてい悪意のない人がする:見えない排除に気づくための10章」(2021/大月書店)
・デラルド・ウィン・スー「日常生活に埋め込まれたマイクロアグレッションーー人種、ジェンダー、性的指向:マイノリティに向けられる無意識の差別」(2020/明石書店)


文:Natsuki Arii
編集:Mizuki Takeuchi


本記事に記載された見解は各ライターの見解であり、BIGLOBEまたはその関連会社、「あしたメディア」の見解ではありません。